「酒のやまや」で1000円台で買える美味しい赤ワインを発見!ピノノワールと メルローの違いとは?

今日は最近ハマってるアメリカ産の赤ワインを紹介します。わたしがよくお酒を買いに行くお店が、酒のやまや!カルディもよくいきますが、やまやの方が近所にあるので、いつも行きます。そんなやまやで1本1000円(税抜)ほどで購入できるのが、「ミラソー 」シリーズ。安くて味も抜群なんです♡

お気に入りなのが、赤ワイン「ミラソー ピノノワール」と「ミラソー メルロー」です。

「Mirassou Pinot Noir」「Mirassou Merlot」

そもそもピノノワールとメルローの違いとは?

ところで「ピノノワール」と 「メルロー」の違い。みなさんは説明できますか?

「メルロー」は、ボルドーのポムロール地区やサンテミリオン地区で主に育てられているブドウ品種で、ソフトでコクのあるワインに使われています。ピノノワールよりも、メルローの方が重厚です。

「ピノ・ノワール」は、フランスのブルゴーニュ地方を代表する品種です。渋みは控えめで、酸味や糖度が高く、フルーティな香りになります。ピノノワールは、メルロよりも軽めです。

(軽い)ピノノワール → メルロー → カベルネ・ソーヴィニヨン(しっかり)という風に覚えておくと、ワインを選ぶときに役に立ちますよ。

「ミラソー ピノノワール」と「ミラソー メルロー」の感想

「Mirassou Pinot Noir」「Mirassou Merlot」

さて、アメリカ産の赤ワイン「ミラソー ピノノワール」と「ミラソー メルロー」ですが、やまやで発見して、最近リピート飲みしています。おうちでは、飲みやすくてすっきりした味わいのものが好きなので、こちらのワインはかなり優秀です。飲みやすさ、味の美味しさを考えると、1000円ほどのワインでは大ヒットです。パッケージが太陽マークなのも、見つけやすくてていいですね。美味しいと感じるには、個人差があると思いますが、飲みやすいので比較的誰でも「イケる!」となるはずです。

どちらもオススメですが、個人的には「ミラソー メルロー」の方が好みです。ほどよい重さで(重すぎないので)、食事の際にも、テレビを見ながら一杯飲むときにも合います。苦味もなく、酸味も少ないため、すっきり飲みやすいです。安いワインにあちがちな後味の悪さもなく、口に入れてから、飲み終えた後も気持ちの良い美味しさです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【5,000円以上送料無料】ミラソー メルロー 750ml
価格:1058円(税込、送料別) (2016/8/3時点)

また白ワインも先日飲んでみました。しっかりと冷やして飲むと、うまい!白もイケます。白ワインの場合はスクリューキャップなのが開けやすくていいですね。飲みきれないときも、そのままキャップして冷蔵庫に入れればいいので一人暮らしにも嬉しいです。

「ミラソー」シリーズは他にもいろんな種類が売っているので、全部制覇したいと思っています。次にやまたに行くときは、ぜひ♡またネット販売もしているので、近くにない場合はぜひ一度試してみてください。 (※ただのやまやファンですので、ステマとかではありませんよ)

今夜も美味しいお酒で乾杯!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【5,000円以上送料無料】ミラソー ピノノワール 750ml
価格:1058円(税込、送料別) (2016/8/3時点)