【覚えたい】ワインと相性抜群のチーズ!その選び方とは?

ワインとおつまみの相性がピッタリと合った美味しい組み合わせのことを「マリアージュ」と呼んでいます。ワインが好きな人なら、このマリアージュを見つけるのも楽しみの一つになっているはず。

中でも、チーズとワインは最高のマリアージュとされていますが、一概にチーズといってもさまざまな種類がありすぎて、どれを選んでいいか分かりませんよね?いつも「雪印カマンベールチーズ」になっちゃう人も多いはず(←わたし)

そこで、絶対に失敗しないチーズの選び方を、あるお酒好きさんにお聞きしました。オススメは、ワインと同じ産地で生産されたチーズを選ぶこと。 まずは、チーズについて少し紹介したいと思います。

チーズの種類

チーズは製法によって、ナチュラルチーズとプロセスチーズに大きく分けられます。プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加工したもの。

そのナチュラルチーズは、熟成方法や外観などによって、おおまかに以下の7つに分類されます。

1:フレッシュチーズ
2:青カビチーズ
3:白カビチーズ
4:ウォッシュチーズ
5:シェーブルチーズ
6:ハードチーズ
7:セミハードチーズ

ウォッシュチーズの場合

ウォッシュチーズとは、熟成の過程で表面に塩水やその土地のお酒を吹き付けて洗っているチーズ。なので、同じ土地のワインで洗っているウォッシュチーズを選べば、相性がピッタリだそうです。

たとえば、フランスのワインの産地として有名なブルゴーニュ地方のワイン「シャンベルタン」は、同じブルゴーニュ地方が原産の「ラミ・デュ・シャンベルタン」を選べば相性抜群です。

また超有名なワインの「シャブリ」は、シャブリを作ったあとのぶどうの搾りかすから造られたお酒で洗った「アフィネ・オ・シャブリ」がありますので、このチーズを選んでおけば、相性が合わないはずがありませんね。

コチラは、シャブリで洗って作られるウォッシュチーズ

アフィデリス 250gフランス チーズ
価格:3844円(税込、送料別)

 

白カビチーズの場合

白カビチーズは、表面に純白のカビを植え付けて熟成させたチーズです。世界で一番有名なチーズとも言われている「カマンベール」がこの白カビチーズです。

この「カマンベール」に合うワインは、同じノルマンディー地方で作られている「シードル」や「カルヴァドス」です。

シェーブルチーズの場合

シェーブルチーズは、山羊の乳で作られたチーズです。このシェーブルチーズの名産地であるロワール地方のロワールワインを選べば、マリアージュが堪能できるはずです。

これからはチーズを購入する前に、飲む予定のワインの産地をチェックするといいかもしれませんよ!