暑い日にピッタリ!美味しいソーダ割りを作る2つの方法

暑い日には冷えたお酒が飲みたくなりますよね。キンキンに冷えたビールもいいですが、今回は美味しいソーダ割りの作り方を40代の女性から教えていただきました。

美味しくて飲みやすいため、ソーダ割りは女性にも大人気ですよね。ウイスキーや梅酒、杏露酒、カシス、焼酎などなど。ソーダ割りっていろんなお酒に出来ますよね。「普通にソーダで割るだけじゃないの?特別な作り方なんてないでしょう」そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。 確かにソーダ割りといえば、何かにソーダと氷を加えて混ぜるだけ。特にこれといったコツなどないように思えます。

…が。実はこの、かき混ぜ方にコツがひそんでいたのです!皆さんは、ソーダ割りを自分で作る時、どのようなかき混ぜ方をしていますか?

適当に混ぜるのはやめて!

よくありがちなのが、本当にぐるぐると水割りのように混ぜてしまうかき混ぜ方。これでもそこそこ美味しくできあがりますし、きちんと混ぜた方が良いようにも思えるのですが、それは間違いなのです。あまりかき混ぜてしまうと炭酸ガスが逃げてしまい、せっかくの爽快感が半減してしまいます。

氷とソーダを注いだら、氷を上下させてなじませるだけで良いのです。それだけできちんと全体にソーダがいきわたり、美味しいハイボールができあがります。 大手酒販メーカーの営業の方直伝とのことですので、試してみる価値はありそうですよ☆

ソーダ水って適当に選んでいない?

また、ソーダ水自体にもこだわってみてはいかがでしょう。美味しいソーダはお酒をひきたて、より飲みやすく爽快な飲み口に仕上げてくれます。「そんなことを言われても、ソーダ水ってたくさん種類があるし、どれを選んで良いかわからない」そういう方もいらっしゃるでしょう。確かにその通りです。

そんな方のために、オススメのソーダ水を一つご紹介します。

サントリーの山崎のソーダ水。メーカーの信頼度もありますし、他所とは使用しているお水が違うのか、とても美味しいです。瓶のデザインにも高級感があり、ちょっとしたホームパーティーなどに出しても格好良いかなと思います。 ただし、普通のソーダ水に比べると少し高めではあるのですが…。それだけの価値はあります!

また、さらに一手間を加えるのであれば、そこにレモンやライムなど本物の果実が入るとより美味しくなりますよ♪わたしは外国産のものは農薬が気になるので、皮のまま入れるなら、国産のものを選んでいます。レモンを大きめに切って、ハイボールの中に入れて飲むのは最高ですよね。

焼酎&炭酸

個人的に最近ハマったのは、焼酎にレモン炭酸を入れて飲むこと。炭酸強めの「ウィルキンソン」なら爽快感も抜群!レモン風味も加わるので、レモンを買い忘れた日にもオススメですよ。

管理人
よかったら、あなたのおすすめの割り方&ソーダ水もコメント欄で教えてくださいね!今夜も美味しいお酒で乾杯(*´∀`*)